ブログパーツ
外国為替
i2i無料WEBパーツ

2013年08月25日

AppleがApp Storeのランキング決定に★(星)の数を追加か?



スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

星の数


Fiksuに掲載されていた記事からです。


iOSデバイスのユーザーであれば、App Storeのランキング上位のアプリ好んでダウンロードすることが多いと思います。


やはりランキング上位のアプリなら安心だし、良いアプリに違いないと思うからです。ではApp Storeのランキングはどの様に決められているのでしょうか。また、Appleはその判断要素にユーザーが付ける星の数を追加するそうです。

Apple Storeのランキングを決める要素


AppleがApp Storeのランキングを決めている要素は2つあります。


ひとつは「ダウンロードの数」です。ダウンロード数が多いアプリほど、ユーザーの人気が高いということで、ランキングの評価となるわけです。


もうひとつは、「単位時間あたりのダウンロード数」つまりスピードでいうと加速度ということになるでしょうか。


例えば1万ダウンロードされるまで1ヶ月かかったアプリと1日しかかからなかったアプリでは後者の方が高い評価になるというわけです。


つまり、現在のApp Storeはあっという間に大量にダウンロードされたアプリが上位に来るようなアルゴリズムになっているということです。

ランキング決定に星の数追加の根拠



App Storeランキング

グラフの拡大はこちらをクリック


実は上のグラフはFiksuがApp Storeのランキングをモニタリングした結果です。青い線は星の数が3個より少ないアプリ、緑が星の数3か4個のアプリ、赤が星5個のアプリです。


ご覧の通り7月以降、星の数が多いほどランキング上位になっていることがわかります。おそらく、Appleが7月にランキングアルゴリズムを修正して、テストをしているのだろうとFiksuは考えています。

App Storeのランキング更新を15分から3時間に変更


実はApp Storeのランキングについて、Appleはもうひとつ重要な変更を加えようとしています。それがランキング更新のインターバル時間です。


現在は15分毎に更新されています。ですからApp Store上位を狙う不正なやからは、機械的に大量にダウンロードすることによりあっという間にランキング上位を獲得できます。


このインターバルを3時間に変更することにより、Appleは不正なダウンロードを検知した後、次のランキング更新までに対策がとれます。すなわちそのアプリを削除するなど措置を取ることができるのです。


AppleがApp Storeのランキングアルゴリズムを変更するのには理由があります。不正なランキング操作を防ぐこと、そしてユーザーに正しく評価されたアプリのみが上位に来る様にするためです。


我々ユーザーからしても、ランキングはアプリ購入のための重要な判断材料ですから、こうした取り組みは大いに支持したいと思います。


ちなみに、Fiksuによると、Appleは9月に予定されているiOS 7リリースと同時にこのランキングアルゴリズムを正式に採用するのではないかとしています。


(本文おわり)

超かわいい!iPhone 5用レゴケースです!注目されますよ!



いつも応援ありがとうございます♪


にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村
posted by approfan at 00:51 | iTunes Store | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月15日

iTunesの登録者数、2017年にはFacebookを超える!



スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

395x498xscreen-shot-2013-06-14-at-10.56.42-am.jpg.pagespeed.ic.i3yoSbjlGI.jpg
(出典:Asymo


TUAWに掲載されていた記事からです。


先日のWWDC 2013でティム・クックCEOはiTunesの登録者数が5億7,500万人になったことを公表しました。


Asymo社のHorace Dediu氏は、過去のiTunes登録者数をグラフ上にプロットし、平均して1日何人iTunesに登録しているのかを計算しました。


その結果平均1日50万人がiTunesに登録していることがわかったそうです。そうなると今年残り半年で約1億人が更に増える計算となります。


そして更にこの勢いで増加していくならば、2017年にFacebookの登録者数を超えるだろうとしています。条件として、Facebook登録者が今以上に増えないとしたらの場合です。


実際のところどうかというと、Facebook登録者数はそれほど伸びていないというニュースもありました。
「日本のFacebook人口さらに減少、世界15カ国でも」(livedoor NEWS)


実はTwitterやLinkedInなどのソーシャル・ネットワークの登録者数をすでに超えているのだそうです。


iTunesのアカウントの多くには、カード番号が登録されています。Appleがペイメントサービスを始めるのではないかといううわさがあります。つまりiTunesのID、パスワードで支払いができるようなサービスのことです。


将来Facebookを超えるほどの登録者数をかかえるとするなら、こうした新しいサービスを始めて、新たな収益源とすることもAppleなら可能になることでしょう。



(本文おわり)

今だからこそ、スティーブ・ジョブズのメッセージに耳を傾けよう!



いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村
posted by approfan at 07:08 | Comment(0) | iTunes Store | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月06日

Apple IDの強さを甘く見てはいけない!



スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

91742036_50a906494f_d.jpg


iDownloadBlogの記事からです。

2つのグラフがApple IDの強さを物語っています。まずひとつめです。

Apple-iTunes-Morgan-Stanley-chart-002.jpg
(出典:iDownloadBlogより)


このグラフは大手ネットサービスのアカウント数(IDを持っている人の数)を比べたものです。ご覧のとおりFacebookが10億人強と他を圧倒しています。


AppleのApple IDを持っている人は5億人だそうです。Amazonになるとさらに減って2億人ということです。それでも億単位ですから相当の数だということがわかります。


しかし、アカウント保有者数の成長率はAppleが最も多く、2012年は55%も増えたそうです。Facebookの成長率は25%、Amazonは22%だったということです。


次のグラフを御覧ください。

Apple-iTunes-Morgan-Stanley-chart-003.jpg
(出典:iDownloadBlogより)


このグラフは2012年アカウント保有者1人の平均売上になります。トップのAppleは329ドルですから、約3万3千円というところです。結構多いですね。Amazonも結構多くて305ドルということです。


これら2つのグラフから言えることは何でしょうか。Facebookは参加人数は多いですが、そこから得る1人あたりの平均売上はAppleと比べると微々たるものです。


Apple iDを持っている人は人数が多いだけでなく、一人あたりの平均売上も多いです。Appleに多くの売上をもたらしてくれる人が、非常に沢山いるわけですから、当然とてつもなく大きな売上がAppleに入ってくるということになります。


Apple IDを持った人がどこで買い物をするかといえば、主にApp StoreからiTunes Storeということになるでしょう。そしてこのApple IDの多くにはクレジットカード番号が登録されています。Appleの中にはすでに多くのユーザーをかかえた支払いサービスが稼働していることを意味します。


Appleは今、ネット上で音楽やコンテンツ販売において、Apple IDを使って、高い売上を稼いでいます。次のiPhoneになるかどうかわかりませんが、おそらくここ1〜2年以内にiPhoneはNFCを搭載してくるでしょう。


iPhoneにNFCが搭載されたらApple IDはiPhoneのICチップに格納され、そのまま実店舗でApple IDを使った買い物が出来るようになります。


ネットでも実店舗でも使える支払いサービスをAppleは始めることができ、また高い収益をもたらしてくれるユーザーが既に5億人以上いるわけです。


そう考えるとApple IDの強さは、強調しても、しすぎることはないことがよく分かると思います。



(本文おわり)

※ご感想は遠慮無くコメントにどうぞ!

いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村
posted by approfan at 00:55 | Comment(0) | iTunes Store | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Apple Products Fanショップ入口
名前はミニでもビッグなレンタルサーバー、ミニバード
Apple Products Fan トップへ
Copyright (C) 2009 Apple Products Fan, All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。