ブログパーツ
外国為替
i2i無料WEBパーツ

2013年07月09日

iPad 5の発表は9月、気になるiPad mini 2の発表とRetina搭載



スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

8148716043_e682304017_d.jpg


phones reviewは複数のTechブロガーからの情報として、iPad 5の発表は9月、iPad mini 2は第4四半期の発表になりそうだと報じています。


iPad 5に関しては、iPad mini風でディスプレイのまわりの枠が薄くなる形状となりそうだといううわさが以前からありました。それ以外にもプロセッサの速度等も改良されて登場してくると思われます。


問題はiPad mini 2で、注目はRetinaディスプレイの搭載です。こちらは当ブログでも以前から書いていますが、やはりいくつかの問題から搭載が危ぶまれているようです。


すなわちRetinaディスプレイ搭載による薄型軽量化の実現、必要となる高性能プロセッサ、バッテリによる高価格化という問題が立ちはだかっているものと思われます。


それでもiPad mini 2の発表を遅らせるということは、ぎりぎりの線で調整をしていると取れないこともありません。Retina搭載iPad 2が登場したらそれなりのインパクトもありますから、とても気になります。



(本文おわり)

机周りのパソコンやiPhoneなどのケーブルをスッキリさせるグッズのご紹介です。



いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村
posted by approfan at 05:09 | iPad | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月04日

「4週連続Sufaceの販売実績がiPadを上回った」の真実



スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

getphoto.php.jpg


Ascii.jpに掲載されていた記事からです。

日本マイクロソフトの樋口社長が経営方針発表会席上で、Sufaceの販売状況について意外な発言をしたことはご存知だと思います。


「量販店では4週連続でiPadを上回る販売実績となっている。展示スペースは小さいのにも関わらず、こうした実績になったことには、我々も驚いている」


SurfaceがiPadよりよく売れていると言わんばかりの発言はさすがに私も驚きました。確かに日本マイクロソフトはここに来てSurfaceの販売に力を入れていることは確かな様です。


というのも、6月までマイクロソフトの日本法人でSufaceを販売しても、経理上日本法人の売上に計上されることはなかったそうです。


しかし、7月の新年度からは、日本法人でもSurfaceの売上目標を掲げ、販売に対して責任を負うことになったそうです。つまり日本法人でも本気でSurfaceを売らざるを得なくなったというわけです。


でもそれは7月からということですから4週連続でSurfaceがiPadより売れた理由とは関係なさそうです。実はこれには裏があるといいます。樋口社長の言葉を注意深く見ていくとわかります。


一つ目は「量販店では」という条件です。これにはApple直営店やAppleオンラインストアでのiPadの販売は含まれていません。ソフトバンクやKDDIのショップにおけるiPad販売も含まれていません。


Surfaceの場合、量販店での販売が割合としては大きいかと思います。iPadの場合、直営店やオンラインストア、キャリアのショップでの販売が割合として多いはずです。


また「iPad」と比べた場合ということで、これには今人気のiPad miniは含まれていないということです。


それに加えてiPadは法人からの大量受注が相次いでいます。Surfaceの場合、法人向け販売はこれからですから、販売台数を比べたら差は歴然だといいます。


つまりSurfaceがiPadを抜いたというのは、一部領域だけでの話であり、国内販売全体でSufaceがiPadを抜いたというわけではないのです。


まぁ、こういうトークも営業手法のひとつなのかもしれませんが、iPadと比べるのはAndroidタブレットを抜いてからではないでしょうかね。


(本文おわり)

寝ながらiPadが使えたり、非破壊自炊だってできるiPad スタンドです。



いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村

photo credit: Michele Ficara Manganelli via photopin cc
posted by approfan at 21:59 | iPad | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月01日

iPad 5、iPad mini 2はiOS 7リリース前に発売か?



スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

iPad


International Business Timesに掲載されていた記事からです。

Apple製品の次なる新製品は次期iPhoneだとみんな思っていると思います。しかし、第5世代iPadとiPad mini 2も控えていますよね。


本来なら春(3月か4月)に登場するはずのiPadの新モデルは未だ発売されていません。International Business Timesによると、iOS 7のリリース前に登場するという噂があるそうです。


最新の噂によるとiOS 7は9月18日リリースになるかもしれないということです。もしそれが本当だとしたら、9月18日より前、早ければ今月中にも新型iPadとiPad mini 2が発売されるといいます。


実はこれら新型iPadシリーズは7月リリースのために量産の準備は完了しているということです。ただし、iOS 7の秋リリースが明らかになっているのに、それより前に新型iPadをリリースするだろうかとInternational Business Timesは疑問を呈しています。


この疑問については、私も同感です。iPad向けのiOS 7のベータ版は開発者向けに既にリリースされましたから、秋にはiOS 7が予定通り一般公開されると思われます。


新型iPhoneはiOS 7に最適化されて秋に登場してくるはずです。この時期iPadの新モデルが発売されるとしたら、iPhone、iPad、iPad miniの新モデルが同時に発売になると考えた方が理にかなっているのではないかと思います。


さて第5世代iPad、iPad mini 2にはIGZO搭載かという噂もありますが、今のシャープの状況を考えると厳しいのではないかと思いますね。新モデルを薄型にしたいとすればIGZOが最も適しているとは思います。問題は生産能力でしょうね。


iPhone 5S、第5世代 iPad、iPad mini 2のトリプルリリースがあるとすれば、今年の秋はとても楽しみです。"One more thing"でiWatchなんて出たらもう大興奮ですが。(^_^;)


(本文おわり)

スピーカーがついた外付けバッテリーとは斬新ですね。しかもマイクロSDカードもさせるという優れものです。



いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村

photo credit: NASA Goddard Photo and Video via photopin cc
posted by approfan at 22:58 | iPad | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Apple Products Fanショップ入口
名前はミニでもビッグなレンタルサーバー、ミニバード
Apple Products Fan トップへ
Copyright (C) 2009 Apple Products Fan, All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。