ブログパーツ
外国為替
i2i無料WEBパーツ

2012年05月16日

思わずアプリを購入してしまうApp Storeの魔力のナゾ



スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

medium_2909483129.jpg
photo credit: Cristiano Betta via photo pin cc

ITMediaに掲載されていた記事からです。

AppleのiOS担当者と日本のジャーナリストとの情報交換みたいな
ことが年2回のペースで行われているらしいです。元記事には
興味深い情報がレポートされているので、ぜひ目を通していた
だきたいです。


私がその中で気になったのは、なぜApp Storeで思わずアプリを
購入してしまうのかということについてAppleのiOS担当者に
インタビューしている内容についてです。


App Storeには60万本のアプリがあり、実になんとダウンロード数
は累計で250億本に達したと言うことです。最近では毎月10億本
のアプリがダウンロードされているというからすごいです。


もちろん、この中には無料アプリも多数含まれているわけですが、
個人的経験からしても、いとも簡単に有料アプリを購入して
しまう不思議な魔力がApp Storeにはあると感じています。


AppleのiOS担当者はこの件について個人的見解としながら次の
様に述べています。
「そもそもアプリケーションを買うためのストアが1つしかないので、そこでも迷わないですし、iTunesアカウントの設定も簡単なら、設定後にアプリケーションを実際に買う行為も非常に簡単です。」


他にも理由はもちろんたくさんあるとは思いますが、ここで
Appleの担当者が述べている「アプリを買うためのストアが1つ
しかない」というのは、結構ポイントではないかと思います。


普通何か物を買おうとしたら、必ずいくつかお店があります。
購入するときに「何を買うか」という迷い以外に、
「どこで買うか」という迷いが消費者には必ずつきまといます。
お店の信頼度、価格も違いますからね。迷っているうちに購入を
やめてしまうこともあるでしょう。


購入できる店が1つしかないというのは、「どこで買うか」と
いう迷いを取り去ってくれるので、購入に至るまでのプロセスが
単純になり、買いやすいということに確かにつながると思います。


私はマーケティングの専門家ではありませんが、消費者が購入
するまでには、
「注意」→「興味・関心」→「欲求」→「行動(購買)」
という様なステップをふんでいくということです。


私自身のことを考えると、Twitterやウエブサイトのタイトルを
見て「注意」をまずそそられます。記事の内容を読んでなるほど
とか思いながら「興味・関心」を持ちます。


記事を読み終わると、「う〜ん!欲しい!」という「欲求」が
出てきます。でもこれだけでは購入に至りません。
記事の最後にだいたいいつもありますよね、
App Storeへのリンクだったり、ボタンだったりです。
とりあえず、ぽちっとするわけです。


この段階でアプリをどこで買うかという迷いは全くありません。
ここでしか買えないわけですからね。(^_^;)


問題はこの後です。購入に至る背中ひと押しが待って
います。そのひとつが「価格」ですね。
「なにー!85円かぁ。だったら買おうかなぁ」


なにげに購入者の口コミコメントが決定的なひと押しです。
「お!みんなが購入して良かったと言ってるじゃん!」
と思った次の瞬間に購入ボタンを押してますね。(^_^;)


恐るべし、App Storeの魔力にあやつられ(?)て
今月も10億回ダウンロードされるのですね。(^o^)

(本文おわり)
※ご感想は遠慮無くコメントにどうぞ!


iOS 5のアプリ、ツールを一挙公開している本です。
    ↓



いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村;
posted by approfan at 05:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月10日

なんと!あの「カメラのキタムラ」でApple製品修理サービス開始!



スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加
カメラのキタムラ.png


日本経済新聞の2012年4月10日朝刊に出ていた記事からです。

以前よくお世話になったのですが、最近ご無沙汰している
カメラのキタムラがやってくれました。4月11日から横浜
モアーズ店を皮切りにカメラ販売店でApple製品の修理サービス
を始めるとのことです。


横浜に続いて北九州市、堺市など政令指定都市を中心に
年内にも30店舗で展開するそうです。


iPhoneは即日、iPadとiPodに関しては翌日までに修理を完了
するということです。今年の秋までにはApple製品すべての修理
に対応できる予定だそうです。


もちろん、Appleの保証期間中は無償で対応するそうです。保証
対象外の場合、iPhone 4Sで修理代金は5900円からということ
です。


将来は各都道府県の1店舗以上でApple製品の修理サービスを
受け付けられる様にしていくそうです。


Apple製品の修理受付は全国7店舗の直営店とAppleの正規
サービスプロバイダーが40店舗あるだけです。カメラの
キタムラは全国北海道から沖縄まで1000店舗展開して
います。


もちろんすべての店舗で修理サービスを行うわけではありません
が、各都道府県に1店舗以上展開するということです。
より身近に正規サービスプロバイダーができることはユーザーと
しては大歓迎です。何より安心ですよね。(^o^)


(本文おわり)
※ご感想は遠慮無くコメントにどうぞ!


面白いけど何に使うのかイマイチわからん!(^_^;)
    ↓



いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村;
posted by approfan at 23:57 | Comment(1) | TrackBack(0) | サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月28日

太っ腹!自販機から無料で無線LAN発射!2012年より



スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

1227-2_b.jpg

またまた、われわれiPhone、iPod touch、iPadユーザーにとって
うれしい無線LANスポット増加のニュースです。
しかも無料です!


朝日飲料株式会社は2012年より同社の自動販売機に無料で
無線LAN設置すると発表しました。
飲料メーカーとしては、はじめてのサービスとのことです。
http://www.asahiinryo.co.jp/company/newsrelease/2011/pick_1227-2.html



屋内外問わず、商店街や公共施設など人が多く集まるところを
優先に順次設置していくそうです。


展開エリアは、仙台、首都圏、中部、近畿、福岡の5エリアを
中心に、全国に拡大していく予定とのことです。初年度は、
1,000台の設置を目標に展開、5年以内に10,000台超への規模
拡大を目指すとか。


このサービスはFREEMOBILEというサービスの専用ルーターを
自動販売機に搭載してサービスを提供するそうです。
サービスを受けるための登録は不要ですが、セキュリティが
不安な場合は、メールによる無料登録を行うことにより、
WPA2−PSKの暗号化が適用されるそうです。


連続接続は30分ですが、一度切断して再接続すれば、そのまま
使い続けることができるそうです。
自販機を中心に約50メートルが接続範囲ということです。
また、同時に数十台の端末が接続可能だそうです。


朝日飲料は、このサービスの中で、接続してきた端末に商品
情報や地域情報の提供などを行うとのことです。


このサービスいいですね!
駅ナカの自動販売機などに設置されたら、周囲にiPhoneやスマホ
ユーザーが集まってくるでしょうね。


自販機は屋内だけでなく、屋外にもありますから
無線LAN対応自販機がどんどん増えて、朝日飲料以外のメーカー
も追随してきたら、街中に無線LANエリアができあがる
ことも夢ではないと思います。


今までにない大いに期待が膨らむサービスです。
ぜひ、キリンやコカコーラも追随して欲しいです!!(^^)/

(本文おわり)
※ご感想は遠慮無くコメントにどうぞ!


なんだこれ!意味わからんと思って、詳しくみてみたら
もっと意味がわからなくなったアイテム(^_^;)
    ↓




いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村;
posted by approfan at 20:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Apple Products Fanショップ入口
名前はミニでもビッグなレンタルサーバー、ミニバード
Apple Products Fan トップへ
Copyright (C) 2009 Apple Products Fan, All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。