ブログパーツ
外国為替
i2i無料WEBパーツ

2012年06月10日

ほんとに出た!Retinaディスプレイに対応したMacアプリ!



スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

folderwatch.jpg
画像クリックで拡大表示

CNET Japanに掲載されていた記事からです。

Retinaディスプレイ対応のMacBook Proが発売されるといううわさを裏付けるかの様なアプリがMac App Storeに登場しました。というか、以前からあったアプリがバージョンアップでRetinaディスプレイに対応したと言った方が正確ですね。


「FolderWatch」というアプリなのですが、日本のMac App Storeでも確かに販売されています。


どんなアプリかというと、プロジェクトで使っているフォルダを別の場所や外部のサーバーに同期してコピーしてくれるアプリの様です。そう言うとDropboxに似た感じですが、コピーした先から戻す機能はないということです。


冒頭にMac App Storeの画像を貼り付けましたが、確かにバージョンアップの内容として「Retina graphics」とはっきり書かれています。


当然AppleからMacのRetinaディスプレイの詳しい情報は出てきていません。Appleがある特定の開発者に既に情報を流しているのか、それとも本アプリの開発元が憶測でとりあえず対応したのかそれはわかりません。


CNETには、「Appleは現在、高品質「Cinema Display」を提供しており、27インチモデルは、価格が999ドル、解像度は2560×1440となっている。「Retina」はこの数年間、かなりの話題になってきたが、一部では時折、高精細度グラフィックスとも置き換えられる表現として使われている。よって、FolderWatchのアップデートがAppleの高品質Cinema Displayのサポートだけに関係する可能性も十分にある。」としています。


そうだとしたら、この時期ちょっと人騒がせかなぁという気がしますね。(^_^;)


先日「WWDC 2012でハードウェアの発表はない」と書きました。しかし、MacがRetinaディスプレイに対応するとしたら、開発者にとって大いに関係してくるので、基調講演で新型Macの発表がひょっとしたらあるかもしれませんね。

FolderWatch App

カテゴリ: ユーティリティ

価格: ¥1,000



(本文おわり)
※ご感想は遠慮無くコメントにどうぞ!


あなたのMacBook Air 11インチ、気分を変えてレッドにしてみませんか?
    ↓



いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村;
posted by approfan at 05:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

どうした?Apple!AirMacユーティリティで世界の潮流逸脱?



スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

medium_430614469.jpg
photo credit: Todd Sternisha via photopin cc

マイナビニュースに掲載されていた記事からです。

先週北米で開催されたIPv6の会合で、出席者からAppleに対する
批判の声があがったということです。


そもそもIPv6とは何かというと、インターネットで使用されて
いる通信プロトコルのバージョン6です。今まで使用されてきた
IPv4という方式は、グローバルで使えるアドレスが日本では
2011年4月に既に枯渇、つまり使い切ってしまったそうです。


それでも一応インターネットに接続できているのは、
インターネットプロバイダがよろしくやってくれているからです。
(詳しくはネットで調べてね。かなり適当ですいません。)
IPv6方式にすれば、事実上無限大のアドレスが使える様になるの
だそうです。


4月12日の日経新聞によると、
今年の6月6日は「世界の主要なネット・IT(情報技術)企業
がIPv6への対応を一斉に始める「ワールドIPv6ローンチ」
の実施日だ。参加企業・団体は米グーグル、米フェイスブックと
いった主要ウェブサイトのほか、米AT&T、米コムキャスト
などのISP(ネット接続事業者)、ネットにつながった大学
など1000を超す。」
ということだそうです。日本においては、この移行について
問題があるようですが、詳しくは日経新聞の記事をお読み
いただければと思います。(無料のユーザー登録が必要です)


話がかなり遠回りになりましたが、つまり世界中みんなで
IPv6に移行しようとしているこの時期に、Appleは協調性がない
と批判されてしまったわけです。


というのは、2012年1月にリリースされたAirMacユーティリティ
バージョン6.0からなぜかIPv6のサポートが削除されてしまった
からです。AirMacユーティリティは、Appleの無線LAN製品を
設定するMacのソフトウェアです。


当面それで困る方はあまりおられないと思います。
一応インターネットへの接続は上にも書きましたが、プロバイダ
がよろしくやってくれるからです。


ただ何らかの事情でどうしてもIPv6をAppleの無線LAN製品で
使いたいという方は、AirMacユーティリティのバージョン5.6
Appleのサポートサイトから
入手すれば、IPv6が使用可能になります。


また、AirMacユーティリティのバージョン6と5.6は併存が可能
であるため、時と場合によって使い分けることも可能とのこと
です。


IPv6はIPアドレスの枯渇問題への対応以外にも高度な
セキュリティ機能が利用可能、通信の混雑緩和などの対策が
取られている様です。すっきりと移行できる様になると
といいですね。

それにしてもAppleはなぜIPv6を削除しちゃったのかな?

(本文おわり)
※ご感想は遠慮無くコメントにどうぞ!


AirMacと言えば、これですよね。
    ↓




いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村;
posted by approfan at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

19日にGarageBand for e-books登場か?



スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

how-to-make-money-with-ebooks.jpg

現地時間今週19日(木)にAppleはニューヨークでスペシャル
イベントを予定しています。教育分野関連、つまりデジタル
教科書や書籍に関する製品、サービスの発表があるだろうと
言われています。


そんな中、ars technicaが報じているのは、スペシャルイベント
で「GarageBand for e-books」が発表されるのではないかと
いう有力な情報を得たとしています。


といっても製品名はおそらく別の名前だと思います。
ただ、GarageBandでユーザーが簡単に音楽が作れるように、
電子書籍を簡単に作成できるアプリケーションが登場する
だろうということの様です。


電子書籍と言えば、私なんかすぐ「あぁ、PDFのファイルね」
なんて思ってしまいます。iPadで本を読むために自炊をして
PDF化するのが当たり前になっている時代です。


ところが日本の場合、特に販売されている電子書籍は、
ほとんど電子書籍サービス専用のアプリを使わないと読め
ない様になっています。これは著作権の問題があって、簡単
にPDFで販売というわけにはいかないからでしょう。


また、PDFにしてしまうと、単に紙を電子化しただけになって
しまいます。本来は文章や写真、動画、音声などが
インタラクティブに提供されるのが期待される電子書籍
の姿です。


そのためにはやはり専用のアプリを通してでなければ提供でき
ないということなのでしょう。


AppleもiBooksという電子書籍アプリを提供しています。
これはePub 2という標準フォーマットをサポートしています。
残念ながら日本の出版社はほとんどiBooks Storeには参加して
いません。販売または無料でダウンロードできるのは、
ほとんど英語か中国語の書籍ですね。


このePub 2フォーマットで動画や音声を表示させようとすると
HTML5ベースの拡張機能をつかって限定的には実現できる
らしいです。しかし、最近はこういった動画、音声を拡張機能
なしで含めることのできるePub 3というフォーマットもある
そうです。


いずれにしても、出版社や作家が期待しているのは、簡単に
美しい動画、写真、音声を含んだ電子書籍を作成できる
アプリなのですね。


そういう意味で、Appleが発表するのは、GarageBandの様に
ユーザーが誰でも簡単に本格的な電子書籍を作ることのできる
製品だということなのです。
それはもちろん、iPadやiPhoneにも配布可能な仕組み、
サービスと同時に発表されることでしょう。


19日の発表からも目が離せませんね。楽しみです!(^^)/

(本文おわり)
※ご感想は遠慮無くコメントにどうぞ!


正面から自炊で行く方はこちらをどうぞ!(^^)/
    ↓



いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村;
posted by approfan at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Apple Products Fanショップ入口
名前はミニでもビッグなレンタルサーバー、ミニバード
Apple Products Fan トップへ
Copyright (C) 2009 Apple Products Fan, All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。