ブログパーツ
外国為替
i2i無料WEBパーツ

2013年08月01日

次期iPhoneの名前は「iPhone 6」にすべきなのか?



スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

iphone-6-curved-glass-04.jpg


Apple Products Fanにアクセスしてくださってありがとうございます。今回はMacWroldに掲載されていた次期iPhoneのネーミングに関する話題です。100%同意ではありませんが、「なるほどそういう考え方はあるな」と思ったのでご紹介します。


MacWorldは、次期iPhoneのネーミングを「iPhone 5S」ではなく、「iPhone 6」とすべきだと述べています。その理由は2011年にiPhone 4の後継として登場した「iPhone 4S」に遡ります。


iPhone 4Sが発表された時、がっかりした人は多いのではないでしょうか。確かにSiriという音声アシスタント機能は、目を引きました。しかし、デザインがiPhone 4とほとんど変わらなかったことで購入を先延ばしした方も少なくないでしょう。


事前の噂では「iPhone 5」になるのではないかという情報もありましたから、期待が裏切られたと感じた人も多かった様です。


このままであったら、iPhone 4Sはビジネス的にうまくいかなかったかもしれません。流れを変えたのは、iPhone 4S発表直後にスティーブ・ジョブズが亡くなったことです。


「iPhone 4Sはジョブズが関わった最後のiPhoneらしい」とか、「iPhone 4SのSはSteve JobsのSらしい」というような噂がまことしやかに語られました。おかげでiPhone 4SはそれまでのiPhoneビジネスを上回る勢いで販売台数を伸ばしました。結果的にジョブズに救われたのかもしれません。


MacWorldはこの時のことを考えると、「iPhone 5S」では買い控えが起きて「iPhone 6を待とう」というユーザーが続出するのではないかと指摘しているわけです。


AppleもiPhone 4Sの時のユーザーの反応を覚えているはずだとMacWorldは指摘しています。言われてみれば、この後登場したiPadは「S」も番号も付けない「新しいiPad」という面白くない名前になってしまいました。名前の怖さをAppleが身にしみた結果なのかもしれません。


では名前だけ変更すればそれで良いのかと言えば、もちろんそんなことはないでしょう。「iPhone 6」とするのであれば、それなりのデザイン変更と機能強化が期待されます。


今やiPhoneのユーザー層もAppleファンから一般ユーザーへの普及が進んでいます。彼らの心を掴み、買い替えを促すためには、「iPhone 6」にすべきなのかもしれませんね。


(本文おわり)

楽天では最安値に近い、iPhone 5 16GBモデルSimフリー版です。



いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


posted by approfan at 21:30 | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月31日

iPhone 5SがついにNFC搭載でおサイフケータイに対応か?



スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

isis_payments-800x362.jpg


MacRumorsに掲載されていた記事からです。

北米の大手携帯電話キャリアであるベライゾン、AT&T、T-Mobileなどが中心に立ち上げたISIS(アイシス)という会社があります。元々Google Walletに対抗してキャリアが中心になって作ったという経緯があります。


2017年には1,100億ドルになると言われているNFC市場です。NFCを使ったモバイルペイメント(いわゆるおサイフケータイ)もGoogleの様なサービスプロバイダ、携帯キャリア、金融機関、メーカーが主導権を取ろうとしのぎを削っています。


そういう意味でISISはキャリア系のNFCモバイルペイメント会社ということになります。今まで米テキサス州のオースティンとユタ州のソルトレークシティ4000箇所で実証実験を行って来ました。


NFCが搭載されたスマートフォンを実証実験に参加しているお店の端末にかざせば、買い物ができるというわけです。日本のnanacoやWAONに相当するものと考えればわかりやすいと思います。


ISISは米国内での本番リリースを今年中に行うことになったと発表したということです。対象のモバイルデバイスは、GalaxyなどNFC搭載端末に限られます。当然NFCを搭載していないiPhoneは今まで対象外であったわけです。


しかし、この秋に発表されるiPhone 5SにはNFCが搭載されるということがまことしやかに噂されているため、ISISもiPhone 5Sに対応するのではないかとのことです。


iPhoneのNFC対応という噂は、以前からあったわけですが、なかなか実現していません。NFC関連業界企業や団体からはiPhoneにNFCが搭載されることに強い期待が寄せられています。


特に米国や日本ではiPhone所有者が多数いるわけですから、モバイルペイメントもiPhoneがないと全く片手落ちで、普及もままなりません。個人的にも今年こそはと期待してはいるのですが、どうでしょうかね。



(本文おわり)

iPhone 5Sにも対応していると言い切ってしまっているちょっと変わったiPhoneケースです。大丈夫ですかね?



いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村
posted by approfan at 22:14 | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月28日

「iPhone 5C」は昨年12月にすでに噂になっていた!ありえないけど。



スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhone_5C.jpg


廉価版iPhoneの名称は「iPhone 5C」という情報が流れていますね。(こことか


もしそれが本当なら昨年の12月に見事に言い当てたサイトがあります。「the ONION」というサイトなのです。


実はパロディなんです。次期iPhoneは女子学生向けで、すでにディスプレイパネルのガラスが割れているというものです。iPhone 5CのCはCrushですかね。^_^;


米国の女子学生はiPhoneを落として壊す人が多いのでしょうか。既に割れていたら、落とすことに気を使わなくて良いでしょ?ということらしいです。一応動画もあります。



New iPhone Geared Towards College-Aged Girls Comes With Pre-Shattered Screen


実はこのパロディはCNET他、わりと多くのサイトで紹介されているのです。ということで、今回の廉価版iPhoneの噂ですが、パロディとして取り上げられた「iPhone 5C」をAppleがわざわざ使うかなぁという疑いはちょっとあります。


でも、iPhone 5Cが「Color」のCというのは、説得力ありますよね。


(本文おわり)

iPhone 5のSIMフリー版も7万円台まで降りて来ました。



いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村
posted by approfan at 22:54 | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Apple Products Fanショップ入口
名前はミニでもビッグなレンタルサーバー、ミニバード
Apple Products Fan トップへ
Copyright (C) 2009 Apple Products Fan, All rights reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。