ブログパーツ
外国為替
i2i無料WEBパーツ

2013年08月24日

iPhone 5S、5C、中国でのリリースは11月28日(アナリスト情報)



スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加


IPhone5S iPhone5C

iDowenloadBlogに掲載されていた記事からです。

次期iPhoneであるiPhone 5Sと廉価版5CのAppleからの発表は、9月10日という噂が流れています。


そして更に日経新聞によると米国や日本における新型iPhoneのリリースは9月20日という情報が出ています。昨年の状況などからしても、順当な予測ではないかと思います。


アナリストのYang Tao氏のリポートによると中国でのリリースは11月28日になるとしています。新型iPhone初期出荷から2ヶ月遅れということになります。


2ヶ月間遅れる理由は、中国政府情報産業部の認定に時間がかかるためだということです。ただそれは特別なことではなく、昨年iPhone 5の時も同様だったということです。


おそらく、いつもの様に香港経由で中国本土に早めに流れてくるのは確実でしょうね。


ちなみに興味深い情報として、新型iPhoneにチップを供給しているクアルコムが、チャイナモバイルのネットワークに対応したチップを開発中という噂が市場に流れています。


これが本当だとすると11月28日の中国でのリリース時に最大キャリアのチャイナ・モバイルからもiPhoneが発売されることになります。


今年は中国を中心にiPhoneが市場を活性化することになりそうですね。

(本文おわり)

iPhone 5 16GBモデルのSIMフリー版が楽天で購入できます。



いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村




posted by approfan at 01:13 | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月22日

iPhone 5とiPad miniが揃って1位ー日経パソコン満足度ランキング



スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhone 5 & iPad mini

PC Olineに掲載されていた記事からです。

日経パソコンが「スマートフォン・タブレット満足度ランキング」の集計結果を発表しました。機能や使い勝手を含めて製品全体を評価した「総合満足度」の1位は「スマートフォン部門」がiPhone 5、「タブレット部門」がiPad miniとなりました。


スマートフォン部門総合満足度


ご覧の通りスマートフォン部門では、3位にiPhone 4/4Sがランクインされています。最新機種だけでなく、旧機種においても満足度が高いというところがApple製品の特徴でもありますね。


タブレット部門総合満足度


タブレット部門においては、2位にiPadがランクインしています。Apple製品がワンツーフィニッシュといったところです。実は5位にも非RetinaディスプレイのiPadが入っています。


スマートフォン部門、タブレット部門ともApple製品がトップや上位を獲得したということで、国内においてiPhone、iPadシリーズがいかに評価されているかわかります。


こうした統計データを見ると、日経新聞が何を根拠に「iPhone人気にかげり」とか報道するのか全く意味不明ですね。


(本文おわり)

iPad miniセルラーモデル SIMフリー版が5万円台で販売されています。



いつも応援ありがとうございます♪


にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村
posted by approfan at 22:49 | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月21日

iPhone 5CでAppleは中国におけるシェアNo.1に!サムスンは大打撃!



スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhone 5Cの写真

AppAdviceに掲載されていた記事からです。

9月10日に発表されるであろう廉価版iPhone 5Cの一番のターゲットは中国です。これは言うまでもないことでしょう。


もし中国でiPhone 5Cを発売したら、どれだけのインパクトがあるのでしょうか。モルガン・スタンレーのKaty Huberty氏によると、世界で最も大きな中国市場でAppleはトップシェアを持つことになると予測しています。


AlphaWiseのアナリストが中国の2,000人のモバイルフォンユーザーに調査したレポートがあります。


それによるとiPhone 5Cが発売されないとした場合でもiPhoneを購入すると回答した中国のモバイルユーザーは23%だったそうです。


ところがiPhone 5Cが発売された場合で調査すると、iPhoneを購入するとの回答が13.3%増加して、36%になったといいます。


それに対してサムスンを購入するという中国人ユーザーは6.7%減少して、30%にダウンしてしまったということです。


Aplhawise


上のグラフの上段がiPhone 5Cが発売されない場合と発売された場合の各社のシェアを表わしています。


下段のグラフはAppleが交渉しているという噂の中国最大のモバイルキャリアであるチャイナモバイルからiPhoneが発売されなかった場合と発売された場合のグラフです。


こちらの調査もチャイナモバイルからiPhoneが発売された場合、iPhoneのシェアは6%上昇し、サムスンは4.6%減少するという結果になっています。


つまりiPhone 5Cが発売され、チャイナモバイルからiPhoneが発売された場合、iPhoneのシェアは20%近く上昇し、中国でのシェアがトップになるだろうということなのです。


Huberty氏は、年内にもAppleのスマートフォンユーザーは6億人以上になると予測しています。これが本当なら前年比40%増だといいますから、これまたすごい数字ですね。


そういう意味で、今年のスマートフォン中国秋の陣は天下分け目の攻防になるかもしれませんね。


(本文おわり)

ドコモの回線でiPhone 5を使いたい方におすすめ!SIMフリーiPhone 5です。



いつも応援ありがとうございます♪


にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村
posted by approfan at 23:35 | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Apple Products Fanショップ入口
名前はミニでもビッグなレンタルサーバー、ミニバード
Apple Products Fan トップへ
Copyright (C) 2009 Apple Products Fan, All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。