ブログパーツ
外国為替
i2i無料WEBパーツ

2013年08月20日

サムスンのスマホからiPhoneに乗換えた人の割合はその逆の3倍だった件



スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

Iphone 5 galaxy s 4

CNET Japanに掲載されていた記事からです。

市場調査会社であるConsumer Intelligence Research Partners(CIRP)の調査結果が興味深かったのでご紹介します。


調査は米国のスマートフォン購入者500人に対して、四半期毎に4回実施し集計した結果だということです。


それによると、iPhone購入者の内20%がAndroidスマートフォンから乗換えた人々だったということです。サムスンのスマートフォン購入者の内、iPhoneから乗換えたのは、わずか7%だったということです。


プラットフォームを変更したユーザーの内、サムスンからAppleに乗換えた人は33%いたそうです。逆にAppleからサムスンに乗換えたのは11%だったということですから、その差は3倍ということです。


いずれにしてもサムスンからiPhoneにプラットフォームを変えた米国ユーザーの方がその逆より圧倒的に多かったということが言えます。


米国以上にiPhone好きが多い日本においては、もっと顕著に差が出ているのではないかと考えます。


サムスンについては、フィーチャーフォンをやめて、初めてスマートフォンを購入したという人をうまく取り込んでいて、サムスン製品購入者の37%を占めたそうです。iPhone購入者の内26%がフィーチャーフォンからのユーザーだったそうです。


そう考えると、フィーチャーフォンユーザーがサムスンのスマートフォンに流れ、サムスンから最終的にiPhoneに流れて落ち着くというひとつのパターンが出来上がっていることがわかります。


iPhoneはサムスンに比べ、フィーチャーフォンユーザーをうまく取り込めていません。その理由はやはり価格によるものだと考えています。


そういう意味で廉価版iPhoneはAppleの弱点である価格面を補うことができます。結果的にスマートフォン市場でのiPhoneのシェアが大きく動くことになるのではないかと注目しています。


(本文おわり)

iPhone 5のSIMフリーモデルで楽天最安値のご紹介です。




いつも応援ありがとうございます♪


にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


madeonamac20050720.gif


posted by approfan at 23:49 | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Apple Products Fanショップ入口
名前はミニでもビッグなレンタルサーバー、ミニバード
Apple Products Fan トップへ
Copyright (C) 2009 Apple Products Fan, All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。