ブログパーツ
外国為替
i2i無料WEBパーツ

2013年06月06日

Apple IDの強さを甘く見てはいけない!



スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

91742036_50a906494f_d.jpg


iDownloadBlogの記事からです。

2つのグラフがApple IDの強さを物語っています。まずひとつめです。

Apple-iTunes-Morgan-Stanley-chart-002.jpg
(出典:iDownloadBlogより)


このグラフは大手ネットサービスのアカウント数(IDを持っている人の数)を比べたものです。ご覧のとおりFacebookが10億人強と他を圧倒しています。


AppleのApple IDを持っている人は5億人だそうです。Amazonになるとさらに減って2億人ということです。それでも億単位ですから相当の数だということがわかります。


しかし、アカウント保有者数の成長率はAppleが最も多く、2012年は55%も増えたそうです。Facebookの成長率は25%、Amazonは22%だったということです。


次のグラフを御覧ください。

Apple-iTunes-Morgan-Stanley-chart-003.jpg
(出典:iDownloadBlogより)


このグラフは2012年アカウント保有者1人の平均売上になります。トップのAppleは329ドルですから、約3万3千円というところです。結構多いですね。Amazonも結構多くて305ドルということです。


これら2つのグラフから言えることは何でしょうか。Facebookは参加人数は多いですが、そこから得る1人あたりの平均売上はAppleと比べると微々たるものです。


Apple iDを持っている人は人数が多いだけでなく、一人あたりの平均売上も多いです。Appleに多くの売上をもたらしてくれる人が、非常に沢山いるわけですから、当然とてつもなく大きな売上がAppleに入ってくるということになります。


Apple IDを持った人がどこで買い物をするかといえば、主にApp StoreからiTunes Storeということになるでしょう。そしてこのApple IDの多くにはクレジットカード番号が登録されています。Appleの中にはすでに多くのユーザーをかかえた支払いサービスが稼働していることを意味します。


Appleは今、ネット上で音楽やコンテンツ販売において、Apple IDを使って、高い売上を稼いでいます。次のiPhoneになるかどうかわかりませんが、おそらくここ1〜2年以内にiPhoneはNFCを搭載してくるでしょう。


iPhoneにNFCが搭載されたらApple IDはiPhoneのICチップに格納され、そのまま実店舗でApple IDを使った買い物が出来るようになります。


ネットでも実店舗でも使える支払いサービスをAppleは始めることができ、また高い収益をもたらしてくれるユーザーが既に5億人以上いるわけです。


そう考えるとApple IDの強さは、強調しても、しすぎることはないことがよく分かると思います。



(本文おわり)

※ご感想は遠慮無くコメントにどうぞ!

いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


madeonamac20050720.gif


posted by approfan at 00:55 | Comment(0) | iTunes Store | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Apple Products Fanショップ入口
名前はミニでもビッグなレンタルサーバー、ミニバード
Apple Products Fan トップへ
Copyright (C) 2009 Apple Products Fan, All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。