ブログパーツ
外国為替
i2i無料WEBパーツ

2013年05月02日

iPhoneのタッチスクリーンの優秀さを簡単にテストできるよ!



スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

7851992024_4e063fee53.jpg


Gigazineになかなか興味深い記事があったのでご紹介します。


タッチスクリーンの性能を確かめる方法


スマートフォンのタッチスクリーンの性能を調べる実験を行ったのは、モトローラ社の研究グループであるMoto Labsです。


その方法はとても簡単です。お絵かきアプリを立ちあげて、指でゆっくり直線を引くというものです。性能の良いタッチスクリーンはまっすぐ線を引くことができます。しかし、性能の低いものは線がジグザクになってしまうということです。


ポイントはゆっくり線をひくことです。速く線をひくと性能に関わらずうまく直線が引けてしまいます。画面を斜めに横切る形で線を引いていきます。

11_m.jpg
(出典:Gigazine)


実験はiPhoneとHTC Droid Eris、Motorola Droidで行ったそうです。

注目の結果はこうなった


15_m.jpg
(出典:Gigazine)


上の写真がその結果です。一番左がiPhone、真ん中がHTC Droid Eris,右端がMotorola Droidとなります。


ご覧の通り、iPhoneは比較的滑らかな直線が引かれています。それに対して、HTC Droid Erisはやや細かいギザギザ線になっています。またMotorola Droidは直線にはほとんど見えないくらいに線が蛇行しています。


従ってこれらスマートフォン 3台で比較した結果はiPhoneのタッチスクリーンが最も優れているということがわかりました。

タッチスクリーンの性能に差がでる理由


以上の様に線を引いた結果に差がでる理由は、
・センサーのサイズが大きすぎる
・タッチのサンプリングレートが低い
・ジェスチャーをイメージに変換するアルゴリズムがイケてない
という様なことが考えられるそうです。


この実験ではiPhoneのタッチセンサーが最も感度が良いと判定されました。その理由としてiPhoneのタッチセンサーに使われている検出線に12ボルトの電源を用いていることが挙げられています。


Apple以外のメーカーの場合、3〜5ボルトの電源を使用しているそうです。駆動電圧が高い方が正確性が向上し、タッチ体験がよくなるということです。


ただし、駆動電圧を高くするとバッテリーの消費が多くなるというデメリットもあります。iPhoneが他のスマートフォンより特段バッテリーの消費が早いということはないと思うので、Appleはそのあたりの課題をなんらかの方法でクリアしたのかもしれません。


自分でもやってみた


実はこの実験、2010年に行ったものです。2013年の現在も状況は変わらないのでしょうか。私はiPhone 5と富士通のArrows Aを持っているので、早速ためしてみました。

まずiPhone 5でやってみました。

写真.PNG
iPhone 5の場合


次に富士通のArrowsです。

イメージ.jpg
富士通 Arrowsです。



私が下手くそというのはあります。明らかに違うとは申しませんが、やはりiPhoneよりArrowsの方がよれよれした線になっていることが確認できると思います。実際に書いてみると、iPhone 5の方が指に吸い付くように線が書けることを実感できます。


ところで、冒頭にこの実験はモトローラ社が行ったと書きました。実験の結果モトローラ社のタッチスクリーンの性能が最も低かったという結果でした。それを正直に公開するというのは、ある意味すごいことです。同社には経緯を評したいと思います。

Gigazineに多くの写真や動画が公開されていますので、そちらもご参照ください。



(本文おわり)

※ご感想は遠慮無くコメントにどうぞ!

SIMフリーのiPhone 5はもう少し安いといいですね。でもSIMロックのiPhone 5も一括で購入するとあまり変わらないかもしれません。



いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


madeonamac20050720.gif


posted by approfan at 00:31 | Comment(0) | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Apple Products Fanショップ入口
名前はミニでもビッグなレンタルサーバー、ミニバード
Apple Products Fan トップへ
Copyright (C) 2009 Apple Products Fan, All rights reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。