ブログパーツ
外国為替
i2i無料WEBパーツ

2013年04月14日

AppleのiMessageに頭を抱える米麻薬取締局



スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

8495925584_0f050f5a75.jpg


CNNに掲載されていたのですが、AppleのiPhone、iPad、Macなどで相互にメッセージをやりとりできるアプリ「iMessage」に米麻薬取締局が頭を抱えているといいます。


こんなことブログに書いてもいいのかなという様な内容なのですが、CNNが公にしているので拡散しちゃいます。


実はCNNが入手した麻薬取締局の内部文書に「アップルの端末同士で交わされるiMessageは通信が暗号化されていると思われ、携帯電話事業者に関係なく傍受が不可能だ」と記されていたそうです。


「やばい!」この情報は悪用厳禁です。(・∀・)


麻薬取締局内部では大騒ぎになっているかわかりませんが、とにかく「携帯電話などの情報は傍受可能」と思い込んでのんきに構えていると、操作の段階で入手した「iMessage」のデータが解析できず慌てるという事態になるわけです。


iPhoneやiPad間で交わされる「iMessage」の通信内容は、ソフトウェアではなく、ハードウェアを使って暗号化されているため、Apple以外の人や組織が暗号を解読するのは、極めて難しいのだそうです。


もっと言ってしまうと、操作当局の監視の目を逃れたい場合、「iMessage」は理想的な通信手段だということなのだそうです。悪用しないでね!


米マサチューセッツ工科大学のIT情報サイトは、iPhoneなどにパスワード保護がかけられていて、特定回数以上ログインを失敗するとメモリが消去される設定になっていると、端末から情報を引き出すのは、極めて困難だということです。


読者の皆さんが悪用するとは思いません。それより注目したいのは、「iMessage」の暗号化は強固だという事実です。


「iMessage」というと、重要な情報をやりとりするより、チャット的なお喋りに利用する方が多いと思います。しかし、これからは大事な情報を交わすときは、Eメールではなくて、「iMessage」を使いましょう。


そしてその際は、必ずiPhoneのパスコードロックをかけ、「データを消去」を「オン」にしておきましょう。そうすればパスコードを10回間違えた時に、「iPhone上のすべてのデータが消去」されます。


IMG_2082.png


この設定、いたずらされると、ちょっとやばいですけどね。



(本文おわり)

※ご感想は遠慮無くコメントにどうぞ!

今私が最もイチオシのiPad mini用外付けキーボードです。これは最高!値段も安いし!



いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


madeonamac20050720.gif


posted by approfan at 22:20 | Comment(0) | Apple | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Apple Products Fanショップ入口
名前はミニでもビッグなレンタルサーバー、ミニバード
Apple Products Fan トップへ
Copyright (C) 2009 Apple Products Fan, All rights reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。