ブログパーツ
外国為替
i2i無料WEBパーツ

2013年04月07日

Apple製品ネーミングの生みの親が語るiPhoneのネーミング



スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

162375633_8c4f3ab34a.jpg


Business Insiderに掲載されていたのですが、長年Appleの広告代理店でクリエイティブ・ディレクターを務めていたKen Seagall氏が最近のAppleのネーミングについて語っています。


Ken Seagall氏と言えば、ジョブズとNeXT時代から12年間にわたってともに働いてきた仲です。特にAppleのマーケティングキャンペーンである「Think Different」の製作に参画、また「iMac」を命名したことで知られています。


AppleはiMac以降、iPod、iPhone、iWorkなど、製品のネーミングの先頭に「i」をつけることを好み、「iシリーズ」はApple製品の代名詞とまで認識されるようになりました。最近ではApple以外でもよくみかける様になった製品の頭文字「i」ですが、元はといえば、Ken Seagall氏のアイデアによるものです。


ken-segall-1.jpg
Ken Seagall氏



氏は、自身のブログで最近のAppleの製品ネーミングについて、混乱が生じていることを憂いているという記事を掲載したそうです。


例えばiPadについていうとiPad → iPad 2 → New iPadと来ました。なぜiPad 3ではなく、New iPadになってしまったのか「理由がよく理解できない」としています。


iPhoneについてはiPhone 4 → iPhone 4S → iPhone 5ときました。Seagall氏は特にこの「S」モデルについてとりあげています。「S」がついたモデルはメジャーアップデートではない、改良版ということで理解されていますね。


「S」モデルが改良版だということをAppleが意図しているかどうか知られていません。しかし、氏は「S」モデルをAppleが利用しないことを望んでいるそうです。


なぜなら「S」モデルは「はずれ年」の製品で改良版にすぎないというメッセージをそのネーミング自身が発信しているからです。


その製品開発の裏でエンジニアやデザイナーがいかにベストを尽くして仕事をしても、そう受け取られてしまう避けられない現実があると言うのです。このことはAppleのマーケティングやブランドに決して良い影響は与えないだろうとしています。


iPadについては確かにそうで、便宜上みんなiPad 3とかiPad 4とか言ってますよね。単純に数字を付けた方がシンプルで良かったのではないかと私も思います。


iPhoneの「S」モデルについては、今までそれほど違和感を感じなかったのですが、「マイナーアップデート」と捉えられてしまうのは、やむを得ないです。いっその事、毎年数字を加算していく方がシンプルで良いという意見は納得できるものがありますね。


(本文おわり)
※ご感想は遠慮無くコメントにどうぞ!

MacBook Air 11インチ向けの薄型保護ケースです。さっと取り出して、サクッと引きぬいてすぐ使える便利なケースです。



いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


madeonamac20050720.gif


posted by approfan at 05:16 | Comment(2) | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
利用する側としては確かに毎年数字を上げてくれれば分かり易いと思います。
しかし、メーカー側(特に開発者)としては明らかに改良版なのにバージョンを1つ上げるのは製品管理や心情的に許せないことなんです。かといって2年置きにバージョンアップするのも戦略上よくないし...
Appleも製品毎に呼び方が違うのは、市場の反応を探っていると思うのですが。
※S付きはハズレ年じゃないですよ。私はiPhone4S持っていますがiPhone4の弱点を克服したいい製品です。できるだけずっと使っていたいです。
Posted by いもむし at 2013年04月08日 05:46
iPhone 25とかやだなぁ
やっぱS付きのがいいかなぁ
Posted by ばばー at 2013年05月05日 21:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Apple Products Fanショップ入口
名前はミニでもビッグなレンタルサーバー、ミニバード
Apple Products Fan トップへ
Copyright (C) 2009 Apple Products Fan, All rights reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。