ブログパーツ
外国為替
i2i無料WEBパーツ

2013年03月31日

Appleの発表イベントが派手?そうかなぁ?



スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

CapturFiles_2.png


msn産経ニュースに「対抗意識むき出し…アップルの牙城に攻め込むサムスン」という記事が掲載されました。


サムスンが3月14日、Appleの本拠地米国で「Galaxy S4」の発表イベントを行いました。とにかく非常に派手な発表だったようで、「ここまでやるか」というくらいだったそうです。


オーケストラの演奏あり、バックダンサーの踊り、俳優による寸劇ありだったそうです。米国メディア関係者は、「まるでブロードウェーのショー」とその演出に驚いたそうです。


amr13033018000005-p1.jpg



それだけサムスンがGalaxy S4でiPhoneに本気で勝負を挑んできたということなのでしょうね。同社とすればAppleの背中が見えてきた、もうひと息で追いつき、追い抜くことができるということなのでしょう。


「まぁ、せいぜい頑張ってください」という以外に感想はないのですが、msn産経ニュースの記事で気になったことがひとつあります。


それは「(サムスンの派手な演出が)やはり派手な発表イベントを得意芸とするアップルのお株を奪うものだった。」という記述です。


「あれ?ちょっと待った!Appleの発表イベントって派手かなぁ??」ということです。確かにiPod全盛の頃は、発表イベントの最後にミュージシャンの演奏で締めるということはありました。


iPodが音楽プレーヤーだったための演出だったわけですが、それも決して派手とは感じませんでした。最近はミュージシャン呼んでいないですしね。


むしろ、AppleのCEOであるティム・クックや副社長クラスのエグゼクティブが淡々と、時にはユーモアを交えて機能を説明し、デモを見せるという感じのプレゼンテーションが主体です。


だからと言って退屈かと言えば、決してそうではありません。洗練され、計算しつくされた発表イベントであり、発表者も事前の完璧な準備がなされているため、決して聴衆を飽きさせません。


オーケストラ、ダンサー、俳優はいませんが、落ち着いた中にもイベントとしての楽しさ、和やかさがあり、非常にAppleらしくシンプルで、格調高いイベントに仕上がっています。


それがなぜ「やはり派手な発表イベントを得意芸とするアップル」となってしまったのか疑問に思います。もしかしたら、この記事の著者はAppleの発表イベント見たことないのでしょうね。せめて見てから記事を書いて欲しいです。



(本文おわり)
※ご感想は遠慮無くコメントにどうぞ!

iPhone 4S 32GBモデルがこの値段で購入が可能です。



いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


madeonamac20050720.gif


posted by approfan at 00:06 | Comment(2) | Apple | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マスコミの書く文章に良く有る事ですが、事実を確認しないで文章を書いてよく発表出来ますよね。 はっきり言って個人ブログ並みの情報力しか無いのではと疑います。
しかもワシントン支局からって、今や誰でも情報を発信出来る時代なんですから、マスコミには精進してほしいところです。
Posted by ひさ at 2013年03月31日 11:06
3Kですから。三流軽薄な。
Posted by Sheen at 2013年03月31日 15:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Apple Products Fanショップ入口
名前はミニでもビッグなレンタルサーバー、ミニバード
Apple Products Fan トップへ
Copyright (C) 2009 Apple Products Fan, All rights reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。