ブログパーツ
外国為替
i2i無料WEBパーツ

2013年01月16日

iPhone 5の容量は16GBで足りる?32GBや64GB必要?



スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

medium_8227670878.jpg
photo credit: Yohei Yamashita via photopin cc


iPhone 5を購入する時迷うのは、まずキャリア、次は色、最後に容量ではないでしょうか。特に容量は16GBでも十分足りるのか、それとも32GBや64GBが必要なのか迷いますよね。


私のiPhone購入履歴でいきますと、iPhone 3G、3GS、4までは16GBモデルでした。4S、5は32GBです。16GBと32GBでは一括払いで1万円の差があります。分割でも16GBなら最近は実質0円です。価格のことを考えると16GBにしたい衝動にかられます。


これからiPhone 5を購入する方も、「16GBで足りるのかどうか」というあたりが気になるところでしょう。


私のiPhone 5 32GBの利用状況は、使用中 24.4GB、使用可能 3.7GBです。私の使い方だと16GBではとても足りないということになります。


詳しく見ると、写真 3.9GB、音楽 1.7GB、残りはアプリで18.8GBという状況です。アプリの容量には、アプリで使用するデータも含まれています。相当数はアプリとそのデータということになります。


これは私の場合で、使い方によってさまざまですから、一概には言えません。ですから「ご自分で計算して必要量を割り出してください」というのが優等生的回答になります。


ただしです!私の場合、「18.8GBのアプリをすべて使っているのか?」「撮りためた写真は毎日見ているか?」「音楽はすべて毎日聞いているか?」と問われれば、すべて答は「No!」です。


つまり使っていないアプリも「いつか使うかもしれない」として残してあります。写真も撮りっぱなしでそのままです。音楽もすべて聞いているわけではありません。


そう考えると、断捨離をしてまだまだ容量の削減は可能ということです。おそらく私の場合なら16GB以内におさめることはできると思います。


こまめにiPhoneのファイルやアプリを整理することが出来る方は、ほとんど16GBで足りるのではないでしょうか。整理が面倒という方は32GB、写真や音楽、動画をiPhoneにいつも入れておきたいという方は64GBというような感じかなぁと思います。


あとはお財布と相談ということになるでしょうか。いずれにしても、容量いっぱいに使うとパフォーマンスが悪くなりますから、時々いらないファイルは削除、または整理することをおすすめしたいと思います。


iCloudやパソコンにバックアップがあれば、いざというときiPhoneにまた戻すことは可能ですから、バッサリいきましょう。(^_^;)


(本文おわり)
※ご感想は遠慮無くコメントにどうぞ!

あなたも今日からiPhoneで、捜査本部の刑事になれます。(^o^)



いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


madeonamac20050720.gif


posted by approfan at 00:09 | Comment(0) | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Apple Products Fanショップ入口
名前はミニでもビッグなレンタルサーバー、ミニバード
Apple Products Fan トップへ
Copyright (C) 2009 Apple Products Fan, All rights reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。