ブログパーツ
外国為替
i2i無料WEBパーツ

2012年12月24日

ソニー国内携帯音楽プレーヤーでApple抜いてトップ独走のわけ



スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

medium_7162919929.jpg
photo credit: jlaytarts2090 via photopin cc


Business Journalに掲載されていた記事からです。

ソニーのウォークマンが国内携帯音楽プレーヤー市場で、この秋シェア50%を獲得したそうです。AppleのiPodは30%台後半まで落ち込んだということですから、ソニーがかつての栄光を取り戻した。と言いたいところですが、ソニーにとってこの事はそれほど楽観できる状況に無い様です。


2009年頃と言えばiPod全盛で、世の中誰もがみんなiPodで音楽を聞いていました。当時iPodの国内シェアは60〜70%に対して、ソニーは30%と全くiPodに歯が立たない状況でした。


ここへ来てソニーがどうしてシェアを伸ばしたのか、言葉を変えれば、なぜ多くの人達はiPodを買わなくなったのかということにも通じます。


iPodユーザーはどこへ行ってしまったのか。それは言わずと知れたiPhoneユーザーになってしまったのですね。iPod時代のiTunes音楽ライブラリーは、iPhoneでもそのまま使えます。iTunes Storeで購入した音楽ももちろんiPhoneで聞くことができますよね。iPodからiPhoneへ移行するのはとても簡単なのです。


携帯電話がiPhoneになったら、iPodは必要なくなるのが普通です。そういう意味で、iPodはiPhoneへの布石だったと言っても過言ではないのかもしれません。私もそうですが、iPodでAppleのファンになった方は少なくないでしょう。そういう人達はスマートフォンもiPhoneを持つようになるのが自然です。


言葉を変えれば、ウォークマンユーザーは音楽ライブラリをスマートフォンに移行しずらいため、使い続けているのかもしれません。


Appleのデバイス間連携はかつてiTunes、今はiCloudを中心として、一貫性を持ち続けています。それがユーザーをうまく囲い込んで、今日iPhoneを国内No.1スマートフォンにしている理由のひとつなのですね。


(本文おわり)
※ご感想は遠慮無くコメントにどうぞ!

iPod touchのPRODUCT REDが発売中です。



いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


madeonamac20050720.gif


posted by approfan at 00:11 | Comment(0) | iPod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Apple Products Fanショップ入口
名前はミニでもビッグなレンタルサーバー、ミニバード
Apple Products Fan トップへ
Copyright (C) 2009 Apple Products Fan, All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。