ブログパーツ
外国為替
i2i無料WEBパーツ

2012年12月18日

AppleとGoogleの反目はiPhoneユーザーにとって良かった?



スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

image-20121218110219.png



Business Insiderになるほどと思う記事が掲載されていたのでご紹介します。


AppleとGoogleはかつて非常によい関係を築いていました。Googleのエリック・シュミットCEOがAppleの社外取締役だったことからもうかがい知る事ができます。


まぁ、このエリック・シュミットCEOがAppleのiPhone計画を知りうる立場にあったことが、今の両社が反目に至る原因となりましたね。


スティーブ・ジョブズはiPhoneの計画を知ったエリック・シュミットがアイデアを盗んで今のAndroidができたと固く信じていました。


それ以来、両社の関係は悪化し、AppleはiPhoneのバンドルアプリからYouTubeとマップが外され今日に至っています。読者の皆さんもご存知の通りです。


Business Insiderは、結果的にこの事はiPhoneユーザーにとって悪くない、というか皮肉にも良い方向に進んだと述べています。


その証拠を4点あげています。

・最近リリースされたGoogle Maps for iPhoneはかつてiPhoneにバンドルされていたGoogle maps アプリより良いものになっている。

・GoogleのYouTubeアプリは、かつてのAppleのYouTubeアプリより良い

・Chromeは、iPhone標準のSafariブラウザより素晴らしい

・YouTube Capture はAppleがYouTubeアプリを提供していた頃より良い動画アップロード方法を提供している


これらの事は、アプリの使い方にもよるので、賛否両論あると思います。


もっともAppleとGoogleが反目しなかったら、Googleのこれらアプリは、iPhoneユーザーに提供されなかっただろうということは確かです。


ただ、今現在は過渡期であり、これからAppleよりGoogle Maps for iPhoneを越えるアプリが登場する事は十分期待できると個人的には考えています。


市場原理として、やはりライバルがいるということは、企業に切磋琢磨させ、結果的にユーザーにメリットをもたらします。


そういう意味では、今後もAppleとGoogleが良きライバルとして、競ってより良い製品を世に出してほしいと思います。


(本文おわり)
※ご感想は遠慮無くコメントにどうぞ!

Power Supportの定番iPhone 5用エアジャケットです。装着したのを感じさせない薄さが魅力です。液晶保護シート2枚付き!



いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


madeonamac20050720.gif


posted by approfan at 11:02 | Comment(0) | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Apple Products Fanショップ入口
名前はミニでもビッグなレンタルサーバー、ミニバード
Apple Products Fan トップへ
Copyright (C) 2009 Apple Products Fan, All rights reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。