ブログパーツ
外国為替
i2i無料WEBパーツ

2012年10月12日

第5世代iPod touchは修理がむっちゃ難しいらしい



スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

screen-shot-2012-10-11-at-10-04-36-am.png


TechCrunch Japanに掲載されていた記事からです。

第5世代iPod touchは薄くて、カラバリも豊富。機能はiPhone 5とさほど大きく変わらないときてますから、とても魅力的です。


しかし、iFixitがこの第5世代iPod touchを分解してみたら、修理がとても難しいつくりになっていることがわかったそうです。修理業者だけでなく、われわれユーザーにとってもこれは切実な問題です。修理が難しいということは、修理費用にそれだけ関わってきますからね。


どのくらい難しいのか?iFixitが決めた音楽プレーヤーの修理性の評価ポイントというのがあるそうです。10点満点でiPhone 5は7点だそうです。比較的修理しやすいということかな?第4世代iPod touchは4点、そして第5世代iPod touchはなんと3点ということです。


どうしてそんなに修理が難しいのか。その理由は多くの部品が半田付けされていること。さらに、ネジのたぐいは全く使われておらず、クリップと接着剤が主に使われているということです。


ただし、バッテリー部分は比較的難しくないということなので、バッテリー交換には対応できそうとのことです。


まぁ、あれだけAppleが薄さにこだわったことにより、修理が難しくなってしまったということなのでしょう。保証期間内なら、まず本体交換ということになるでしょうね。第5世代iPod touchを購入する方は、できればApple Careに入っていた方がよいかもしれません。



(本文おわり)
※ご感想は遠慮無くコメントにどうぞ!

iPod touch第5世代、いいですよねぇ。
  ↓



いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村;
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


madeonamac20050720.gif


posted by approfan at 22:36 | Comment(2) | iPod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>ネジのたぐいは全く使われておらず、クリップと接着剤が主に使われている

 もし本当だったら、今までの生産ラインを全て放棄したって事に。
というか、生産ドクトリンの改革ってやつでしょうか。
それとも、iphoneは全て手作りで、生産ラインという概念が
ないのかもしれませんが。
(・・・中国ならそれもあり得るか。)

なんにしても、かなりの賭けですよ。
Posted by rtmoon at 2012年10月13日 01:46
rtmoonさん
コメントありがとうございます。
Appleが新製品を出す時は、生産ラインを一新するくらい、お茶の子さいさいでやってしまいます。それだけコストをかけてもしっかり利益も出すから、それでいいのでしょうね。
Posted by approfan at 2012年10月13日 06:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Apple Products Fanショップ入口
名前はミニでもビッグなレンタルサーバー、ミニバード
Apple Products Fan トップへ
Copyright (C) 2009 Apple Products Fan, All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。