ブログパーツ
外国為替
i2i無料WEBパーツ

2012年05月20日

なるほどその手があったか!iPhone 5はジョブズのミラクルデザインか?



スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhone 5.jpg

10月に発売かといううわさのiPhone 5の画面は4インチ以上だといううわさが出てきています。複数の情報筋から出てきているらしく、ロイターなども大きく報じています。


Android端末の様な大きな画面では、片手操作が難しく、操作性が著しく落ちるため、大画面のiPhoneに否定的な考えを私は主張してきました。


しかし、最近出てきているうわさの中に注目すべき内容があることに気づきました。今回はそのことにふれてみたいと思います。


その注目すべき内容とはこれです。
「幅はiPhone 4/4Sと同じ」
というところです。


画面のサイズで4インチと言った場合、四角い画面の対角線の長さが4インチということです。現行の3.5インチから4インチになるからといって、高さと幅を両方とも長くしなくても良いわけす。幅が現行通りということもその分、縦長にはなりますが十分考えられることです。


幅が同じだと操作性への影響が小さい!

これが一番のポイントです。現行のiPhoneを持って片手操作をするときは、通常親指で操作すると思います。私は男性としては手が小さい方です。しかし、片手の親指で3.5インチのディスプレイの4すみをタッチすることができます。


高さはさておき、本体の横幅が長くなるとした場合、親指でタッチできる範囲が狭くなることは明らかです。横幅が長くなると、どんなことをしても親指が届かないエリアが出てくるのです。


ところが横幅が今のままであれば、たとえ高さが長くなっても、縦方向に片手の持ち手を移動すれば、片手操作が可能になるのです。


実際にiPhone 4/4Sを片手で持ち、本体全面が画面だと仮定した場合、ちょっと縦方向に移動すれば、本体全体の4すみに親指が届くことから実感できます。


iPhone 4/4S本体の対角線の長さを測ってみると約120mm強あります。これは約4.7インチです。つまり幅が今のままなら4インチ以上でも片手操作が可能なのです。


更にもし厚みが今より薄くなれば、もしかしたら縦方向の移動すら必要なく、片手で画面の4すみにタッチすることが可能になるかもしれません。


iPhone 5のデザインにスティーブ・ジョブズが深く関わっていたというプロジェクト関係者の情報もあります。


もしそれが本当だとしたら、横幅を同じにして、片手操作を可能としたいというジョブズ流のこだわりが反映されたこれはミラクルデザインなのかもしれませんよ!(^o^)

(本文おわり)
※ご感想は遠慮無くコメントにどうぞ!


iPhoneだけでなく、iPadやMacまであなたに最もふさわしいApple製品を紹介してくれる本です。
    ↓




いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村;



このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


madeonamac20050720.gif


posted by approfan at 22:28 | Comment(5) | TrackBack(0) | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
解像度についてはどうお考えですか?
Posted by at 2012年05月21日 17:38
解像度についてですね。
もし、幅が同じで縦長のiPhoneが登場した場合は、今までと縦横比の異なる解像度となります。ですからアプリは新しい解像度に対応する必要が出てくるでしょう。
しかし、それはフラグメンテーション状態のAndroidとは比べものにならないくらいiOSはまだまだシンプルなのです。
それに関しては下の記事をご参照ください。
http://apple-products-fan.seesaa.net/article/270489567.html
Posted by approfan at 2012年05月21日 17:55
3.5インチから縦だけ長くして4インチにしてもあまり意味が無いように思います。できれば画面は3.5インチのままでホームボタンをなくして縦を短くして欲しいと思っているのは私だけでしょうか?
Posted by at 2012年05月21日 18:21
片手で操作する事をAppleはすすめていますか?ジョブズは片手で操作してましたね。片手でしっかり握りしめもう一方の手の指で操作していましたね。

iPodやnanoでは画面を大きくするために本体サイズ変更してきてません(nano 3rdはJobs自身が人気のないデザインだったことを認めているので例外)。

iPhoneの本体サイズは多少縦に伸びる事があつまても横に伸びる事はほぼありえません。
ディスプレイの横にはまだ若干の余白があります。初代iPhoneはこの部分が3Gや4より狭いのはお気づきですか?この部分をギリギリまで使えば本体サイズを変えずに4インチにする事は可能です。

個人的な予想ですが、今の4/4Sの解像度を変えずに4インチにすることはドットが大きくなってしまい退化のような感じになるので改造度は変えて来ると思います。
単純に今の960×640から過去モデルiPadの1024×769サイズの4インチになるのではないかと思います。それか単純にiMacのサイズ変更のように16:9の1280×720に変更してくるかだと思います。
Posted by げん at 2012年05月21日 21:53
げんさん
コメントありがとうございます。
おっしゃる通り、Appleが片手操作をすすめているという事実はございません。ただ、Androidユーザーの中に片手操作がしにくいことへの不満があることは事実です。Appleはユーザービリティを大切にする会社ですから、それを犠牲にしてまで画面を多きくすることはないと考えています。
もし、画面を大きくするのであれば、(どうやら大きくなるみたいなので)操作性を落とさないような工夫をしてくるはずだというのが、今回の記事のポイントです。
また画面を大きくするから本体が大きくなるとは私も考えておりません。ホームボタンを無くして全面ディスプレイというのも、Appleならありえますからね。どんなのが出てくるのか本当に楽しみです!(^o^)
Posted by approfan at 2012年05月22日 05:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Apple Products Fanショップ入口
名前はミニでもビッグなレンタルサーバー、ミニバード
Apple Products Fan トップへ
Copyright (C) 2009 Apple Products Fan, All rights reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。