ブログパーツ
外国為替
i2i無料WEBパーツ

2012年05月18日

iPhone 5が4インチでもAndroidのプラグメンテーションには到底及ばず!



スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

前回、当ブログで
「iOSとAndroidは4モデル vs 4000モデルの戦いだった(^_^;)」
という記事を書きました。
これはOpenSignalMapsというサイトが半年間自社のAndroid向けアプリをダウンロードした端末の情報を分析した記事を引用したものです。


実はこのOpenSignalMapsの記事はAndroid端末のフラグメンテーションを問題にした内容になっています。


Android端末のフラグメンテーション、すなわち解像度がAndroidの場合、多数あるため開発者はそれに対応するのに苦労しているということです。


しかしこのAndroid端末の解像度の種類は半端なく多いのです。下のグラフは、縦軸が画面の縦、横軸が画面横のピクセル数をあらわしています。

image-20120518081145.png

つまりグラフの点の数だけ、Android端末の解像度の種類があるという事になります。こんなに沢山あるなんて想像してませんでした。(^^;;


それをビジュアルに表現したのが、下の画像です。

image-20120518080433.png

まぁなんと開発者も全てに対応しているわけないでしょうが、ご苦労がしのばれます。


反面iOSの場合は以下の通りです。何ともシンプルですね。

image-20120518080552.png

ちなみに一番小さいのが、iPhone 3GS、次に大きいのがiPhone 4/4S、それからiPad 2、新しいiPadの順と思われます。


iPhone 5では画面が4インチになりそうで、そうなると新しい解像度に対応する開発者が大変になるとの声があります。それはそうなのでしょう。しかし、それもAndroid端末の比ではないのですね。(^_^)

(本文おわり)
※ご感想は遠慮無くコメントにどうぞ!


iPhoneでもAndroidでも使えるGoogleの
Webサービスの紹介本です。
    ↓




いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村;
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


madeonamac20050720.gif


posted by approfan at 07:56 | Comment(1) | TrackBack(0) | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アプリ開発者からすればiPhone5の解像度変更情報は嘘であってほしいと願うはずです。
記事内では解像度という尺度で比較していますが、iOSはここから画面の大きさ(インチ数)で絞りこむとiPhone/iPadサイズの2パターンしかないわけです。
例えばiPhoneは3GSと4/4Sでは解像度(面積換算)が4倍なので3GSの縦横2倍の単純計算で済みますが、Androidは微妙に縦横違うのでボタンがはみ出るなど厄介なことになるのですね。
まぁプログラミングでボタン配置などはある程度自動化できますがやはり実機でのチェックをしないと...考えただけでめまいがします。
Posted by いもむし at 2012年05月18日 17:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Apple Products Fanショップ入口
名前はミニでもビッグなレンタルサーバー、ミニバード
Apple Products Fan トップへ
Copyright (C) 2009 Apple Products Fan, All rights reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。