ブログパーツ
外国為替
i2i無料WEBパーツ

2012年01月17日

19日にGarageBand for e-books登場か?



スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

how-to-make-money-with-ebooks.jpg

現地時間今週19日(木)にAppleはニューヨークでスペシャル
イベントを予定しています。教育分野関連、つまりデジタル
教科書や書籍に関する製品、サービスの発表があるだろうと
言われています。


そんな中、ars technicaが報じているのは、スペシャルイベント
で「GarageBand for e-books」が発表されるのではないかと
いう有力な情報を得たとしています。


といっても製品名はおそらく別の名前だと思います。
ただ、GarageBandでユーザーが簡単に音楽が作れるように、
電子書籍を簡単に作成できるアプリケーションが登場する
だろうということの様です。


電子書籍と言えば、私なんかすぐ「あぁ、PDFのファイルね」
なんて思ってしまいます。iPadで本を読むために自炊をして
PDF化するのが当たり前になっている時代です。


ところが日本の場合、特に販売されている電子書籍は、
ほとんど電子書籍サービス専用のアプリを使わないと読め
ない様になっています。これは著作権の問題があって、簡単
にPDFで販売というわけにはいかないからでしょう。


また、PDFにしてしまうと、単に紙を電子化しただけになって
しまいます。本来は文章や写真、動画、音声などが
インタラクティブに提供されるのが期待される電子書籍
の姿です。


そのためにはやはり専用のアプリを通してでなければ提供でき
ないということなのでしょう。


AppleもiBooksという電子書籍アプリを提供しています。
これはePub 2という標準フォーマットをサポートしています。
残念ながら日本の出版社はほとんどiBooks Storeには参加して
いません。販売または無料でダウンロードできるのは、
ほとんど英語か中国語の書籍ですね。


このePub 2フォーマットで動画や音声を表示させようとすると
HTML5ベースの拡張機能をつかって限定的には実現できる
らしいです。しかし、最近はこういった動画、音声を拡張機能
なしで含めることのできるePub 3というフォーマットもある
そうです。


いずれにしても、出版社や作家が期待しているのは、簡単に
美しい動画、写真、音声を含んだ電子書籍を作成できる
アプリなのですね。


そういう意味で、Appleが発表するのは、GarageBandの様に
ユーザーが誰でも簡単に本格的な電子書籍を作ることのできる
製品だということなのです。
それはもちろん、iPadやiPhoneにも配布可能な仕組み、
サービスと同時に発表されることでしょう。


19日の発表からも目が離せませんね。楽しみです!(^^)/

(本文おわり)
※ご感想は遠慮無くコメントにどうぞ!


正面から自炊で行く方はこちらをどうぞ!(^^)/
    ↓



いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村; このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


madeonamac20050720.gif


posted by approfan at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/246742901
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
Apple Products Fanショップ入口
名前はミニでもビッグなレンタルサーバー、ミニバード
Apple Products Fan トップへ
Copyright (C) 2009 Apple Products Fan, All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。