ブログパーツ
外国為替
i2i無料WEBパーツ

2011年08月11日

正しい事を、正しい時に - ジョブズ・ウェイ



スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

20100903jobs2100901giz-jobs.png

小飼 弾氏のブログ「404 Blog Not Found」の記事
最近発売されたばかりの「ジョブズ・ウェイ」という本が
紹介されていました。




著者Jay Elliot氏は、Appleの人事部長を勤めていた経歴がある
そうで、ジョブズ本には珍しい、Apple内部から見たジョブズの
人となりや、いかにリーダーシップを発揮して、Appleを世界一の
テクノロジー企業に育ててきたのかを明らかにしているとのこと
です。


小飼氏の書評で私が注目したのは、
「正しい事を、正しい時に」
というジョブズの言葉です。


その意味は「正しい事は正しい時になされてこそ正しい」という
ことだそうです。
本書の中では以下の様に紹介されています。
スティーブと親しく、彼を心から尊敬しているある人物は、こう語る。「アップルやスティーブの素晴らしいところは、技術が整うまで、製品を出そうとしない事です。その点には、本当に敬意を払うべきだと思います」


今はノートパソコンの市場をゆるがして、快進撃を続けて
いるiPadですが、iPadの開発は、iPhoneより前から
始まっていたということを聞いたことがあります。


タブレットPCというカテゴリは、Appleがオリジナルではなく
ずいぶん昔からありました。iPad以前からあったタブレットは
ビジネス的に成功していませんでした。
それは使い勝手の悪さやバッテリーの持ちの問題などがあった
のではないかと思っています。つまり発想は悪くなかった
のですが、必要な技術がそろっていなかったのです。


iPadがここまで成功したのは、先に発売になったiPhoneに
よってマルチタッチが広く普及したことがあります。
また、技術的にこなれ、アプリのユーザーや開発者が豊富に
そろったiOSの存在は大きいです。更に10時間も持つバッテリー
などすべての技術やエコシステムなどの環境も整いました。
まさに、そのタイミングで発売されたことが、ここまでiPadを
快進撃に導いたのでしょう。


ジョブズやAppleとしては、早くからiPadを開発し、これは
世の中に受け入れられる製品だと確信していたけれども、
発売するタイミングをじっくり図っていたのでしょうね。


「正しい事を、正しい時に」
ジョブズとAppleの成功の秘訣は、こんなところにも要因が
あったのですね。我々の日々の活動にも適用できる指針となる
言葉ではないでしょうか。

(本文おわり)


ユーモラスなロボット型iPad 2ケースです。
ご家族にも必ずうけますよ!
    ↓




いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村;

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


madeonamac20050720.gif


posted by approfan at 23:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | Steve Jobs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/219741101
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
Apple Products Fanショップ入口
名前はミニでもビッグなレンタルサーバー、ミニバード
Apple Products Fan トップへ
Copyright (C) 2009 Apple Products Fan, All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。