ブログパーツ
外国為替
i2i無料WEBパーツ

2011年05月26日

Apple、その成功要因は引き算思考にあり!



スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加
COBSモバイルに出ていた記事です。→元記事はこちら

steve-jobs-think-different-1024x768.jpg

元記事を読んではじめて知ったのですが、
「足し算思考」と「引き算思考」というものがあるそうです。
これがなかなか興味深いです。


「足し算思考」というのは、「こんな機能があった方がいい」
「あれも付け加えたい」という様に足りないものを付け足していく
考え方です。


ところが、われらがスティーブ・ジョブズとAppleは、
「引き算思考」、もっというと「引き算思考を徹底している」会社
であるということが言えるそうです。


初代のiMacが登場したとき、フロッピーディスクが無くなりました。
これからはフロッピーの時代ではないということでしょう。
それからMacBook Airが登場した時、LANケーブルの差し込み口が
無くなりました。
これも「無線LAN」があれば十分ということから
省かれてしまった代表的なものですね。


ジョブズが「○○の機能をつける予定は?」という質問を受けた時、
「いいかい。君たちがiTunesに入れることができる1000もの
クールなアイディアがあるのは分かっている。もちろん僕たちもだ。
でも、僕たちには1000のアイディアはいらない。
それはみっともないよ。イノベーションは全てのことに対してイエス
と言うことじゃない。それは最も重大な機能を除いて、全てにノー
と言うことだよ。」


ようするに、あれこれ付け足すことを考えるのではなく
「機能を除くことこそイノベーションだ」ということだそうです。

20110116_1479886.jpg

今、私はiMac 27インチを使ってこのブログを書いていますが、
このiMacにしても、非常にシンプルなデザインになっています。
オールインワンのデスクトップパソコンでありながら、
たった1枚の板にパソコン本体、ディスプレイ、DVDドライブ、
ハードディスク、などが無駄なく入っています。


おかげで、27インチという大きさこそあれ、
机の上に置いても、まったく場所を取らないということを
実現しています。
シンプルゆえ、操作性も抜群です。


実は色々なことができることを求めている時代ではないの
かもしれません。
むしろ、「シンプルこそ価値がある」と元記事の著者は
書いていますが、まさにそういうことなのでしょう。


Apple製品に共通して言えるのは、やはり「シンプル」
ということではないでしょうか。
今、人気絶好調のiPhone、iPadやMacBook Airなどは
そのシンプルなところが人々を引きつけているのかも
しれません。


その発想、アイデアの源に「引き算思考」があります。
私たちも「何が足りないか」ではなく、「何をひけばいいのか」
というところに着目すると、また別の視点が与えられる
かもしれませんよ。

(本文おわり)


ジョブズのノウハウを知りたい方はこれ!
    ↓




いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村;


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


madeonamac20050720.gif


posted by approfan at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | Apple | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Apple Products Fanショップ入口
名前はミニでもビッグなレンタルサーバー、ミニバード
Apple Products Fan トップへ
Copyright (C) 2009 Apple Products Fan, All rights reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。