ブログパーツ
外国為替
i2i無料WEBパーツ

2010年05月02日

気になるiPad 3Gモデルのバッテリー性能ってどうよ



スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加
iPad 3Gモデルが米国で発売されて、使用感やバラシ、
早速脱獄したとか、いろいろな情報が出てきています。


私が一番気になるのは、やはりバッテリー性能です。
WiFiモデルと比べると、当然悪くなるはずなのですが、
どのくらいの性能なのか。


実際にテストした結果が出たようです。


iPad(US版)が楽天で買えます。
  ↓

平日15:00までのご注文で当日出荷!Apple iPad(USA版) ■16GB Wi-Fiモデル■ 【送料無料】

応援お願いします→ブログ情報源ランキング
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村


MacRumorsからの情報です。


iLoungeが、iPad 3Gモデルの
バッテリー性能に関して実際にテストした結果をリポート
しています。


Appleの公式見解では、バッテリーの性能について、
iPad WiFiモデルでは10時間保持。それに対して、
3G+WiFiモデルでは、9時間保持ということで、
3Gモデルの方が10%低下するとのことです。


バッテリー性能が低下する理由は、GPS機能によるもの
と思われます。


iLoungeが実際にテストしてみた結果は以下の通りです。
テストは50%の明るさ、1分毎にブラウザ画面をリロードして
何時間稼働したかを見たようです。


■iPad WiFiモデル

 10時間21分間稼働


■iPad 3G+WiFiモデル

 8時間38分間稼働


WiFiモデルはAppleの公証より21分テスト結果が
上回ったのに対し、3Gモデルは公証より22分間
下回ったものです。


この手のテストでプラスマイナス20分前後という
のは、誤差範囲かなと思います。


3Gモデルの方が若干バッテリー性能は落ちますが、
8時間以上持つのであれば、特に困らないのでは
ないかと思います


とっても便利なiPhone用ゴリラモバイル三脚
  ↓


応援お願いします→ブログ情報源ランキング
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ
にほんブログ村



このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


madeonamac20050720.gif


posted by approfan at 22:45 | Comment(0) | iPad | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Apple Products Fanショップ入口
名前はミニでもビッグなレンタルサーバー、ミニバード
Apple Products Fan トップへ
Copyright (C) 2009 Apple Products Fan, All rights reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。